--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-09-03(Sun)

バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達

読了。
今回は日本が舞台です。

「わー、日本だ日本!」と喜びながら読み始めたのですが、
そういえば平賀は日系人であって、日本が母国というわけではなかったと
気づきました。家族内では日本語で会話していたので日本語は喋れるけども、
ドイツ語やイタリア語や英語やラテン語に比べると、現在日常生活で使用していない
日本語のほうが自信がない、という……。
しかも、いかに語学堪能であり、新しい言語を習得するのが趣味のロベルト
であっても、ラテン語発のヨーロッパ諸言語とは体系からして異なる日本語は
今のところ守備範囲外。現地調査がはかどらなさそうな予感。



天草四郎にまつわる伝説や、隠れキリシタンのお話でした。
隠れキリシタンへのはっとさせられる視点や、隠された宝、
カソリックの他派との渦巻く陰謀……。最後は大団円でほっとしました。

日本なので、カソリックの謎は限られてくるとは思いますが、
たとえばミッションスクールや秘密組織の謀略などとからめていただいて、
また日本を舞台とした、平賀とロベルトの活躍を見たいです。

スポンサーサイト
プロフィール

管理人

Author:管理人






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。