--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-22(Sun)

私の人生を変えた本たち(大人編)

大人編、というか、高校生以降に出会った本たち。

十角館の殺人 (講談社文庫)十角館の殺人 (講談社文庫)
(1991/09)
綾辻 行人

商品詳細を見る

いわゆる「本格ミステリ」の面白さを知らしめてくれた本。
騙される気持ちよさを実感しました。
高校生のときに、ミステリ好きの友だちが貸してくれたもの。
ファンタジー一筋だった私がこれ以降、本格ミステリにもはまってゆくのです。

ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)
(1997/07/14)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)新装版 46番目の密室 (講談社文庫)
(2009/08/12)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

綾辻行人さんにはじまり、本格ミステリつながりで有栖川有栖さんにも
どっぷりとはまったのでした。
有栖川さんの作品は、主人公であるアリスの優しさと人の良さが
とても愛おしくて、大好きです。アリスと火村とのコンビは最高。
ファンタジー一辺倒だった私が、「こんなミステリをいつか書きたい」と
有栖川作品と出会ったことで思うようになったのでした。

スピリット・リング (創元推理文庫)スピリット・リング (創元推理文庫)
(2001/01)
ロイス・マクマスター ビジョルド

商品詳細を見る

大好きなロイス・マクマスター・ビジョルド女史のファンタジー作品の中でも、
おそらく一番好きなのが、この「スピリット・リング」。何度読み返したことか……。
細かい字の、それなりの厚みある文庫本ですが、3、4回は読み返したと思います。
主人公のフィアメッタが好き、物語の運びが最高、映像が浮かび上がるような描写、
そして散りばめられた伏線と物語の奔流が見事に収束する手際の良さ! 
ファンタジーのおもしろさと、歴史小説のような重厚さと、キャラクターたちの魅力と、
素晴らしい点をあげたらきりがない美味しい美味しい物語です。

チャリオンの影 上 (創元推理文庫)チャリオンの影 上 (創元推理文庫)
(2007/01/30)
ロイス・マクマスター・ビジョルド

商品詳細を見る
チャリオンの影 下 (創元推理文庫)チャリオンの影 下 (創元推理文庫)
(2007/01/30)
ロイス・マクマスター・ビジョルド

商品詳細を見る
影の棲む城〈上〉 (創元推理文庫)影の棲む城〈上〉 (創元推理文庫)
(2008/01)
ロイス・マクマスター・ビジョルド

商品詳細を見る
影の棲む城〈下〉 (創元推理文庫)影の棲む城〈下〉 (創元推理文庫)
(2008/01)
ロイス・マクマスター・ビジョルド

商品詳細を見る

ビジョルド女史のファンタジー。
私のファンタジー観にそれとなく、しかし少なからず影響を与えて"くださった"と
思われるシリーズです。

青い城 (角川文庫)青い城 (角川文庫)
(2009/02/25)
モンゴメリ

商品詳細を見る

これも何度読み返したかわからない一冊。
敬愛する「赤毛のアン」の作者、モンゴメリの作品です。
地味で「いい子」であったヴァランシーが、余命宣告を受けたことをきっかけに
「ならば後悔しないように生きよう」と心に決めて、今までやりたくてもできなかったことを
どんどんやっていくことでひらけていく美しい世界に、ぐいぐい引きこまれます。
線路に靴のヒールが挟まっておとずれるあのクライマックスと、そのあとの
すさまじい展開! ページをめくる手が止まりませんでした。

秘密の花園秘密の花園
(2006/12)
バーネット

商品詳細を見る

「秘密の花園」という物語に出会ったのは、おそらく小学校低学年のころ。
テレビで名作劇場のような、アニメがやっていました。
それがとても印象に残っていて、私にとって「秘密の花園」は特別な物語でした。
そして大人になって、図書館で出会ったのがこの本。翻訳が素晴らしいです。
やっぱりアニメの記憶だけではなく、すぐ読み返せるように本を手元に置きたいと思い
有名なレーベルの文庫を購入したのですが、それは訳がまったくしっくりこなくて、
結局この西村書店さんのハードカバーの本を買い求めたのでした。
美しい花園の光景が目に浮かぶだけでなく、登場人物の声まで聞こえてくるような
素晴らしい訳です。
スポンサーサイト
プロフィール

管理人

Author:管理人






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。