--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-24(Sat)

マジックミラー

マジックミラー (講談社ノベルス)マジックミラー (講談社ノベルス)
(1990/04)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

読了。
せつない……せつないです。
とっても有栖川さんらしいストーリーだった気がする。
読み始めて、かなり最初のほうで、犯人とかトリックとかそういうものをすっ飛ばして、
私の中で「ああ、結末はきっとこうなるんだろうな」という確信のようなものが
ありました。けれどその予想はせつなすぎて、できればこの予想を裏切ってほしいと
思いながら読み進んでいったのですが……。
読み進めば進むほど、予想は確信に、確信はより確固としたものになってしまって。
そして、やはりそのとおりでした。
優しくて、優しすぎるがゆえに深く傷ついて。
……ああ、火村だったら、何と言うんだろうな。


構造的には、とても技巧に富んでいて、おもしろいですよ。
目には目を、歯には歯を。双子には双子を。
そして、この本自体が合わせ鏡のようになっています。
ちょうど、この本の表紙のように。
スポンサーサイト
プロフィール

管理人

Author:管理人






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。